PUBG推奨PCは高い買い物なのでしっかり選びたいですよね。

どうせなら、いろんな最新ゲームがサクサク遊べるPUBG推奨PCが欲しくないですか?

お得に買うために、中間業者を通さないでパソコンメーカーと「直接取引」したくないですか?

パソコンは熱に弱いです。熱で壊れたりトラブルになったり、性能が低下したりします。

なので、50℃の高温状態で1週間連続テストに合格したタフなPUBG推奨PCが欲しくないですか?

買った後のサポートに3年間無料修理があったらどうですか?

さらに、電話サポートやリモートサポートがあったらどうですか?

1日あたり約120円以下でハイスペックゲーミングパソコンが手に入るとしたら、あなたは信じますか?

最新の高グラフィックゲームをプレイしてもガクガクしたりフリーズすることもありません。

ほとんどセットアップせずに初心者でも「すぐに使える」ゲーミングパソコンです。

さらに、ゲーミングキーボードとゲーミングマウスが追加料金なしで付いてきます。

ポイント

もしあなたが、

  • どのBTO通販でPUBG推奨PCを買えばいいか迷っている
  • 今、存在しているあらゆるゲームを遊びたい
  • FPSで良いスコアを取りたい
  • VRゲームも楽しみたい
  • プロゲーマーも使ってるパソコンが欲しい
  • 国内製品でサポートの質が高いところが良い
  • 割安でコスパの良いPUBG推奨PCが欲しい
  • 最新パーツで組まれたPUBG推奨PCが欲しい
  • 買った後のアフターサポートも欲しい
  • PUBG推奨PCを無料で修理してもらいたい(本来8万円かかる修理でも0円)
  • 価格.comでユーザー評価1位をとった会社のPUBG推奨PCが欲しい

と思っているならこのページはあなたの為になるでしょう。

注意:公式の推奨パソコンはスペックが低かったり、古いパーツで組まれていたりします。

また、価格が高かったりします。

だからここでは公式の推奨パソコンは紹介しません。

元パソコン部でネトゲ歴16年の私が公式のPUBG推奨PCの代わりに、独自に高性能でコスパの良いパソコンをPUBG推奨PCとして紹介します。

初心者でも賢く高性能なPUBG推奨PCを手に入れることができます

コスパの良い高性能ゲーミングパソコンが欲しいですよね。

だからといって自作マニアのような知識は必要ありません

グーグルで検索しても情報が多すぎて何が正解かわかりませんよね?

なので、

  • パソコン歴18年
  • 元パソコン部
  • ネトゲ歴16年
  • BF3、BF4のランカー
  • BTOゲーミングパソコンアドバイザー

である私がアドバイスします。

パソコンのパーツ勉強が好きでたくさんの本を読んでいます。

なのでわかりやすく解説しますね。

家電量販店でパソコンを買ってはいけない


お金をドブに捨てないように。

すでに知っていると思いますが家電量販店でパソコンを買ってはいけません。

家電量販店で売られているパソコンはスペックの割に価格が高いんですよね。

高い理由は店舗のテナント料や賃貸料がよぶんにかかっているからです。

だから、ネットで買うより高くつきます。

さらに、ムダなスタッフが多いです。

その人件費のため、パソコンなどの家電の価格も高くなっているんですよ。

だから、中間コスト、人件費、テナント料がかかりまくってる家電量販店で売られているパソコンは高いのです。

ポイント

家電量販店のパソコンが割高な3つの理由

  • 中間コストがかかっている
  • 無駄なスタッフによる人件費の上乗せ
  • テナント料、土地代がかかっている

確かに、交渉すれば安くしてくれたりします。

しかし、交渉が苦手な人はそのまま高い価格でパソコンを買う羽目になります。

交渉が苦手ならネット通販でゲーミングパソコンメーカーから直接買いましょう。

通販の直接取引なら、無駄な賃料や人件費が最小限に抑えられているので割安で買えるんですよね。

ポイントは「直接取引

ネット通販の「直接取引」なら販売員がしつこく売り込んでくることもありません。

「自分の気にいったゲーミングパソコン」が手に入ります。

この後しばらくしたら、「種類の多すぎるゲーミングパソコンの選び方」も紹介しています。

ぜひ、最後まで目を通してくださいね。

ネット通販。どこのパソコンメーカーから買えばいいの?

ゲーミングパソコンは通販ショップによって価格がバラバラです。

ですが、中間手数料をカットしているドスパラなら常に最高クラスのゲーミングパソコンが割安で手に入ります。

つまり、コスパが良いのです。

ポイント

ドスパラのゲーミングパソコンが割安で手に入る4つの理由

  • 直接取引による中間コストのカット
  • 大量仕入れ(アジアintel販売実績1位)
  • ネット通販による人件費とテナント料削減
  • intelをはじめとするパーツメーカーとの特別な契約

この4つのおかげで、ドスパラは割安でコスパが良くなっているんですよね。

だから、このサイトではドスパラ通販で買うことを強くおすすめします。

ネット通販は怖い?修理保証やサポートはあるの?

でもネット通販って実店舗で買うより怖いですよね?

ポイント

ネット通販3つの不安

  • 本当に届くのか?
  • 自分に合ったパソコンを正しく選べるのか?
  • ネット通販だからアフターサポートがない?

たしかにネット通販は怖いかもしれません。

しかし、ゲーミングパソコンメーカーのドスパラがこれにこたえてるんですよね。

ドスパラは2~3日とすぐに届きます。

創業1984年と30年以上もパソコン専門会社として成長してきたノウハウのおかげです。

そして、ドスパラの工場は日本の神奈川県綾瀬市にあり、日本国内生産にすることによって素早い納期を実現しているんですよ。

ネトゲ歴、約16年の私はドスパラで計4台のパソコンを買いましたがどれも満足しています。

4台すべて注文してからすぐに届きました。

自分に合ったゲーミングパソコンの選び方なんですが、それは後ほど説明しますね。

もう怖くない。月額680円で3年間は無料修理。そしてリモートサポート付。

ネット通販はアフターサポートが心配という声はよく聞きます。

しかし、ドスパラなら月額680円を払えば3年間は無料で修理してくれます。

さらに、無制限のリモートサポートが受けられます。

ポイント

月680円のセーフティサービスに加入すると・・・

  • 3年間は無料修理してもらえる
  • リモートサポートが無制限に受けられる

過失があって本来は8万円のお金がかかる修理でも0円、つまり無料です。

こんなサポートしているところ、他にありますか?

ほとんど見ません。

他のパソコンメーカーだと、自然故障の保障しかありません。

他のメーカーだと、「水をかけて壊した」、「落として壊した」、とあなたに過失がある場合は修理にお金がかかるものです。

しかし、ドスパラなら「あなたに過失がある場合」でも、無料で、つまり0円で修理してくれます。

電話サポートは当然あります。

電話サポート以外にもドスパラには、リモートサポートがあるんですよ。

画面共有でサポートしてもらえるので、あなたは専門用語を理解しないで済みます。

初心者でも大丈夫だということですね。

ドスパラのリモートサポートなら、あなたが口下手でもトラブルを素早く解決してくれます。

家電量販店や実店舗でパソコンを買うより、手厚いサポートが受けられます。

たった月額680円です。

だからドスパラは自作マニアほどの知識がない初心者でも安心して購入できるんですよ。

ドスパラでPUBG推奨PCを買う8つの理由

PUBG推奨PCはドスパラで手に入れましょう。

その理由は?

8つあります。

1つめ、月額680円で3年間は無料修理。さらにリモートサポート付

月額680円のセーフティサービスに加入していれば、3年間は修理代が0円。

つまり、本来5万~8万する修理でも無料。

そして、質の高いリモートサポートを無料で何度でも受けられる。

画面共有リモートサポートなので、専門用語を知らなくても、口下手でも大丈夫。

2つめ、ドスパラのゲーミングパソコンは性能に比べて割安だから

企画、組み立て、販売まで、一貫してドスパラがやっている。

なので無駄な中間コストを0にカットできている。

だから割安。

ネット通販に力をいれているので、無駄な人件費やテナント料を最低限に抑えられている。それも割安の理由。

3つめ、最新のパーツで組まれている

他のところでゲーミングパソコンを買うと、グラフィックボードだけ最新のパーツでも他のパーツがひと昔前のパーツだったりする。

しかし、ドスパラなら、ほとんど最新のパーツで組まれている。

4つめ、ドスパラのPUBG推奨PCは排熱の効率が良いケースなので、熱に強い

つまり、安定動作で長寿命のPUBG推奨PC。

さらに、50℃テストに合格しているので、熱暴走しにくいし熱による性能低下も防げる。

5つめ、今ならキャンペーンでSSD640GBにアップグレード

今なら、SSD640GBにアップグレード中

(時間差でこのキャンペーンが終わってるかもしれません。リンク先に飛んで、今すぐ、キャンペーンがまだやってるか確認してください。)

6つめ、価格.comで4年連続の受賞と購入者からの評価が高い

価格.comで4年連続で受賞と実際のゲーミングパソコン購入者から支持されている

だから安心。

さらに、ドスパラはマイクロソフトのコンテストで1位を取ったり、intelのCPUアジア販売1位だったりする。

つまり、超大手のパソコンメーカー。

7つめ、有名パーツメーカーと厚いパートナーシップを結んでいる

有名パーツメーカーやOSメーカーから
インテル・テクノロジー・プロバイダ・プラチナ
マイクロソフトパートナープログラム Gold OEM
AMDパートナープログラム プレミア
として認定されている数少ないメーカー。それがドスパラ。

8つめ、プロゲームチーム「Rascal Jester」も使ってる。

あなたはプロゲーマーと同じマシンで戦える。

ポイント

ドスパラをお勧めする8つの理由

  • 1つめ、月額680円で3年間は無料修理。さらにリモートサポート付
  • 2つめ、ドスパラのゲーミングパソコンは性能に比べて割安だから
  • 3つめ、最新のパーツで組まれている
  • 4つめ、ドスパラのPUBG推奨PCは排熱の効率が良いケースなので、熱に強い
  • 5つめ、今ならキャンペーンでSSD640GBにアップグレード
  • 6つめ、価格.comで4年連続で受賞と購入者からの評価が高い
  • 7つめ、有名パーツメーカーと厚いパートナーシップを結んでいる
  • 8つめ、プロゲームチーム「Rascal Jester」も使ってる

ゲーミングパソコンの種類が多すぎて、どれを買えばいいかわからないあなたへ

ドスパラ通販で販売してるゲーミングパソコンは細かく分類すると50種以上あります。

どれを買えばいいのでしょうか?

ポイント

注目すべき4つのパーツ

  • 「グラボ」 画面描写、高画質、ゲームの滑らかさに関係するパーツ
  • 「CPU」 パソコン全体の処理速度に関係するパーツ
  • 「メモリ」 ソフトを同時にサクサク動かすことに関係するパーツ
  • 「SSD」 マップ移動などのローディング速度に関係するパーツ

■ まずはグラフィックボードに注目。画像処理に関係

まず注目すべきパーツは「グラフィックボード」です。

グラフィックボードとは、画面をキレイに映したり、なめらかな動きに関係するパーツです。

グラボは、つい最近発売されたGTX1070ti搭載のものを選びましょう。

安く済ませるならGTX1060搭載ゲーミングパソコンもいいのですが、それだとVRゲームや4k画質に少し不安が残るんですよね。

GTX1060搭載ゲーミングパソコンとGTX1070ti搭載ゲーミングパソコンでは、価格が25,000円ほど違うだけです。

しかし、スペックが3DMark11スコア5877からスコア9069ほどにあがります。

つまり1.53倍ほどグラボのパワーが高いんですよ。

たった25,000円で1.53倍ってすごくないですか?

GTX1080搭載ゲーミングパソコンやGTX1080ti搭載ゲーミングパソコンも超高性能ですが、価格が20万円を超えてしまうので、よく考えましょう。

今あるゲームではGTX1080やGTX1080tiほどのスペックはいりません。

完全にオーバーしています。

ポイント

GTX1070ti搭載ゲーミングパソコンをおすすめする3つの理由

  • GTX1060と比較すると25,000円高くなるだけで、スペックは1.53倍になるから
  • つい最近に発売された新しいパーツだから
  • 4k画質もVRも遊べるから

ということで、パソコンゲーム歴16年でドスパラで計4台のパソコンを購入した私は、GTX1070ti搭載ゲーミングパソコンをおすすめします。

以下はグラボの種類と私の感想です。

★GTX1080ti(ベンチ12327)
 ↑ オーバースペック。価格が30万円ほどします。お金に余裕があるなら買いたいです。

★GTX1080(ベンチ9693)
 ↑ これを選ぶなら1080tiか1070tiにしたほうがいい。中途半端な選択肢です。つまりコスパが悪いんです。

★GTX1070ti(ベンチ9069)
 ↑ おすすめ。つい最近発売されたばかりのグラボ。数字の後ろに「ti」がついた最新モデル。GTX1070と同じ価格帯なのにベンチマークが1000ポイント高いです。つまりGTX1070の完全上位互換のグラボです。
これを選べば間違いないです。
コスパもよくあらゆるゲームが動くしVRも楽しめる。売れ筋で満足度が高いのです。

★GTX1070(ベンチ8051)
 ↑ GTX1070tiの登場で選択肢から外れたグラボ。これを選んではいけません。

★GTX1060(ベンチ5877)
 ↑ 安いけどVRや4k画質でゲームをやるには不安が残る。GTX1070tiにしとけば良かったと言う人もいます。

★GTX1050ti(ベンチ3432)
 ↑ 安いけど最新ゲームをウルトラやエピック設定でやると重たいです。

■ 2つめはCPUに注目。パソコン作業の素早さが上がる

CPUはゲーム、ゲーム以外のソフト、ネット閲覧スピードと素早さに関係する中央パーツです。

つまり、CPUはパソコン全体の素早さに関係しています。

CPU性能がいいと作業効率があがるんですよ。

ここは妥協しないでi7のCPU搭載型ゲーミングパソコンを選びましょう。

つい最近、新しいi7のCPUが発売されました。

それはi7-8700です。

今までの主流はi7-7700でしたが、これからは最新モデルのi7-8700の時代になります。

i7-7700が「4コア」なのに対して、最新のi7-8700は「6コア」になりました。

さらに、i7-7700に比べてi7-8700は40%も性能が上がりました。

ポイント

i7-8700を選ぶ3つの理由

  • 前世代のi7-7700が4コアなのに対してi7-8700は6コアだから
  • 前世代のi7-7700と比べてあらゆる作業が早くなるから
  • 前世代のi7-7700と比べ性能が40%高いから

i7-7700に妥協しないで、最新モデルで40%もパワーアップした爆速のi7-8700を選びましょう

お金が無くて安く済ませたいならi5-8500もありです

i7-8700と比べて2万円ほど安くなります。

■ 3つめはメモリに注目。同時作業もサクサクに

メモリ8GB搭載のゲーミングパソコンを選びましょう。

最新のゲームを遊ぶには8GBあれば十分です。

しかし、8GBでも「他の作業とゲームを同時」にやると、メモリ不足でパソコンが重たくなることもあります。

なのでカスタマイズで余裕をもたせて16GBに変更することを強くおすすめします。

ポイント

メモリ選びの2つの注意点

  • 最新のゲームを遊ぶには8GBのメモリが必要
  • 複数のソフトを同時に動かすなら16GB欲しいのでカスタマイズしましょう

■ 4つめはSSDに注目。ローディング時間を短縮

SSDとはデータを長期保存するハードディスクドライブの兄弟のようなものです。

しかし、理論値ではハードディスクよりSSDのほうが3倍ほど速く読み込めます。

つまり、ゲームデータをSSDにインストールすれば、ゲームのMAP移動やゲーム起動などのローディング時間が劇的に速くなります。

待ち時間を大幅に短くしてくれるので、ぜひSSD搭載型ゲーミングパソコンを選びましょう。

OSがSSDにインストールされた状態で届くので難しい設定はありません。

ポイント

SSDを搭載することで得られる4つのメリット

  • パソコンの立ち上げの速度があがる
  • ゲーム起動も速い
  • MAP移動などのローディング時間が劇的に速くなる
  • ネットサーフィンも快適

コスパ重視なら240GBのSSDがおすすめですね。

しかし、今なら、ドスパラでSSD640GBに無料アップグレードキャンペーンをしています。

SSD640GB+HDD2,000GBという構成のゲーミングパソコンが手に入ります。

こんな大容量のSSDが無料アップグレードなんて太っ腹ですよね。

SSD640GBは2万円相当します。

それが今なら無料なんですよ。

SSD640GBの無料アップグレードキャンペーンはいつ終わるかわかりません。

なので、キャンペーンが終わる前に、今日中にゲーミングパソコンを手に入れましょう。

SSD640GBなら容量の大きいゲームが12本から30本も入ります。

この4つの条件を満たした最高級モデルはこれです

この4つの条件を満たした最高級モデルが

ガレリア XV」です。

このモデルを買えば間違いないですね。

公式の推奨PCではないのですが、当サイトでは、このモデルをPUBG推奨PCとさせてもらいます。

スペックは

■ CPU:intel core i7-7700(古いモデル)
■ CPU:intel core i7-8700(最新モデルでi7-7700と比べて40%パワーアップ
■ メモリ:DDR4 8G
■ グラボ:GeForce GTX1070(古いモデル)
■ グラボ:GeForce GTX1070ti (最新モデルでGTX1060と比べて1.53倍のスペック)
■ ストレージ:SSD640GB(今なら無料) + HDD2,000GB

です。

あらゆるゲームが最高画質やウルトラ、エピック画質で遊べます。

また、3年先4年先のゲームも最高画質やウルトラ、エピック画質で遊べると予想できます。

ゲーミングPC選びで迷ったらこれを買えばいいんです。

ポイント

こんな方にオススメです

  • プロを目指している人
  • FPSゲームで常にTOPを取りたい人
  • カッコいいプレイがしたい人
  • あらゆるゲームを最高画質でゲームの世界観に溶け込みたい人
  • VRゲームや4k画質に挑戦したい人

「GTX1070ti搭載のゲーミングパソコン」なら、あなたに今までにない新しいゲーム体験をもたらしてくれるでしょうね。

ワクワクしませんか?

人気ランキング1位のゲーミングパソコンです。

具体的にどの程度のフレームレートが出るかというと、、、
ウルトラorエピック設定

■ FF14 平均121FPS
■ BF1、BF4 平均124FPS
■ PUBG 平均88FPS
■ GTA5 平均71FPS
■ フォートナイト 平均99FPS
■ R6S 平均179FPS
■ オーバーウォッチ 平均110FPS

もしかしたら間違いがあるかもしれないので参考程度にしてください。

人気No2のゲーミングパソコンはこれです

こちらは、「ガレリア XT」モデルです。

人気No2のゲーミングパソコンです。

スペックは

■ CPU:intel core i7-7700(古いモデル)
■ CPU:intel core i7-8700(最新モデルでi7-7700と比べて40%パワーアップ
■ メモリ:DDR4 8G
■ グラボ:GeForce GTX960(古いモデル)
■ グラボ:GeForce GTX1060 6GB(最新モデルで1050tiと比べて1.71倍も性能アップ)
■ ストレージ:SSD640GB(今なら無料) + HDD1,000GB

です。

ポイント

こんな方にオススメです

  • 勝ちにこだわらない人
  • コスパ重視で選びたい人
  • 最高画質で60FPSでれば満足な人
  • 最新FPSでソコソコの成績が取れればいい人
  • 予算を15万円に抑えたい人

GTX1060-6GBならPUBGでも平均63FPSで遊べます。

コスパが良いですね。

人気ランキング2位のゲーミングパソコンです。

具体的にどの程度のフレームレートが出るかというと、、、
ウルトラorエピック設定

■ FF14 平均86FPS
■ BF1、BF4 平均70FPS
■ PUBG 平均63FPS
■ GTA5 平均50FPS
■ フォートナイト 平均62FPS
■ R6S 平均113FPS
■ オーバーウォッチ 平均104FPS

もしかしたら間違いがあるかもしれないので参考程度にしてください。 

お金がない場合、

お金がない場合はこちらの格安モデルもおすすめです。

ガレリア DJ」です。

スペックは

■ CPU:intel core i5-8500
■ メモリ:DDR4 8G
■ グラボ:GeForce GTX960(古いモデル)
■ グラボ:GeForce GTX1060 3GB(最新モデルで1050tiと比べて1.65倍も性能アップ)
■ ストレージ:HDD1,000GB

です。

価格は公式サイトで確認してください。安さにびっくりしますよ。

この安さで、「最新ゲームでも中間設定」にすればサクサク遊べます。

PUBGも中間設定でサクサク動きます。

ポイント

こんな方にオススメです

  • 最新ゲームは中~高画質で満足できる人
  • 学生やフリーターで予算が厳しい人
  • みんなとゲームをワイワイ遊べればいいという人

ちなみにこのスペックは数年前なら18万円くらいのゲーミングパソコンに匹敵します。

しかし、技術の進歩でこんなに安く買えるようになりました。

ぜひ、公式サイトで価格を確認してください。

具体的にどの程度のフレームレートが出るかというと、、、
ウルトラorエピック設定

■ FF14 平均78FPS
■ BF1、BF4 平均62FPS
■ PUBG 平均55FPS
■ GTA5 平均47FPS
■ フォートナイト 平均56FPS
■ R6S 平均101FPS
■ オーバーウォッチ 平均94FPS

もしかしたら間違いがあるかもしれないので参考程度にしてください。

1日あたりのコストはたった115円

PUBG推奨PCを4年使うとしたら、1日あたりのコストは115円です。

1年365日で4年なので1460日、使う場合ですね。

16万7,980円を1460日(4年)で割ると1日あたり115.05円。

1日あたりのコストは約115円です。

缶コーヒー1つ分の負担で手に入ります。

1日あたりのコストにすると安く感じませんか?

また、フリーランスでパソコンを仕事にも使う場合、使用割合に応じて税金控除が受けられます。

節税対策にもなるんですよね。

ゲーム以外に仕事使いでも素早く動きますので仕事がはかどります。

動画編集もサクサク。

ゲームのプレイ動画をまとめたりYoutubeで実況すれば、お小遣い稼ぎもできるかもしれませんね。

届いてすぐに使えるPUBG推奨PC

注文は簡単です。

支払い方法にはコンビニ払い、代引き、銀行振り込み、クレカなど数多くあります。

お届け先の住所を入力。

支払い方法を選んで、2~3日まつだけです。

OSインストール済みのPUBG推奨PCなので、届いたらケーブルをつないですぐに使えます。

さらに、「ゲーミングキーボード」と「ゲーミングマウス」も付いてくるんですよ。

他に必要なのはモニタだけです。

ただし、無線LANでネットにつなぎたいなら無線子機も必要になります。

無線子機はカスタマイズページにあるので追加しましょう。

無線で433Mも出れば十分です。

Amazonや近くの家電量販店で買うのも有です。

ですが、オンラインゲームはリアルタイムが大事なので有線LAN接続をお勧めします。

実際の購入手順

手順1

そのままの構成でカートに入れる または カスタマイズしてからカートにいれる。 

構成内容を変更(カスタマイズ)してカートに入れる

変更(カスタマイズ)せずカートに入れる

を選んでください。

予算があるならちょっとだけカスタマイズするのもいいですよ。

カスタマイズする場合は、後ほどカスタマイズのおすすめ例を書いてるので、そちらも参考にしてくださいね。

手順2

セーフティサービスに加入して購入手続きに進む

セーフティサービスに加入しなくてもいいのですが、加入すると月額680円で3年間は無料で修理してもらえます。そして、リモートサポートが受け放題なので加入をおすすめします。

クレカ情報はドスパラではなく直接クレジットカード会社に届くので、ドスパラからクレカ情報がもれることはありません。

それに、セーフティサービスはメール1本で解約できるので安心です。

セーフティサービスの解約料は0円なので、とりあえず入ってあとから必要ないと感じたら解約するのもいいと思います。

手順3

住所を入力します。

手順4 

支払方法選択します。

コンビニ支払いだけでもこれだけあります。

他に、
・クレジットカード払い
・代金引換
・銀行振込
・銀行ネット決済
・JNB(ジャパンネット銀行)リンク決済
・ATM決済(ペイジー)
・分割払い(JACCSショッピングクレジット)

と支払方法が選べます。

手順5 

2~3日ほど待ちます。

手順6 

ゲーミングパソコンが届いたら、段ボールから取り出してケーブル類をつないでください。

OSインストール済みなので電源を入れればすぐに使えます。

ドスパラのパソコンは難しい設定がなく、届いたらすぐに使えます。

ドスパラオリジナルの「ゲーミングキーボード」と「ゲーミングマウス」も付いてきます。

手順7 

どうしても無線にしたい人は無線子機をUSBに挿しましょう。

カスタマイズに挑戦してみる?

そのままの構成で今すぐ購入するのもいいです。

しかし、予算があるならカスタマイズに挑戦するのもいいかもしれませんね。

この緑枠をクリックすればカスタマイズ画面に行きます。

費用対効果が高い、つまりコスパの良いカスタマイズを紹介します。

CPUグリス

このモデルはすでにCPUが大型ファンになっています。

CPUファンはすでに大型にアップグレードしているので変更不要です。

後は、CPUグリスをナノダイヤモンドに変更。

これを変更するとCPUの温度が3℃ほど下がります。

CPUは熱が上がると、動作が不安定になったり遅くなったりします。

なので、ナノダイヤモンドでしっかりCPUを冷やしましょう。

CPUの熱対策をするとどうなるか?

それは、安定動作で常にパワーが最大限に引き出せるPUBG推奨PCになります。

CPU温度が3℃下がればCPUが安定動作します。

そして、負担の大きいソフトを動かしていてもサクサク動きます。

メモリ

優先度の高いカスタマイズがメモリ。

これを8GBから16GBにすると、ゲームをしながら動画視聴など、マルチタスクが軽々できるようになります。

動画編集する人も16GBにしたほうが良いですね。

約1万円でメモリを2倍にできるので、ぜひカスタマイズしたいところですね。

電源

そして、3つ目のカスタマイズは電源。

電源を変えるとPUBG推奨PCの寿命がのびます。

もともと付いている標準搭載の電源はDELTAまたはAcbelという定番メーカーです。

安心動作で十分長く持ちます。

しかし、

オンラインゲームをやるといっても、人によってプレイ時間は違いますよね?

1日6時間を週7、つまり1週間で42時間プレイする廃プレイヤー

1日3~4時間を週5でやる、つまり1週間で15時間~20時間プレイするライトプレイヤー

当然、廃プレイヤーのパソコンのほうが電源に負担がかかります。

なので廃プレイヤーの方は電源をさらに高品質で長寿命のものにアップグレードしましょう。

「Enhance 800W 静音電源 (80PLUS GOLD / EPS-1780GA1)」電源なら105℃コンデンサを使ったモデルなので85℃コンデンサに比べて2倍から4倍は長持ちするでしょうね。

容量も800Wもあれば十分です。

グレードもゴールド

長時間プレイヤーはぜひ「Enhance 800W 静音電源 (80PLUS GOLD / EPS-1780GA1)」に変更してみましょう。

ライトプレイヤーなら標準のDELTAまたはAcbelで十分ですね。

SSD

SSDはゲームのローディング時間を短縮してくれるので、ぜひSSDを搭載したいでいすね。

SSDの主流はコスパ的に240GBと言われています。

しかし、最近では1本で容量30~50GBもいるゲームが増えました。

なので余裕をもって500GB以上のSSDを選ぶのが良いと思います。

無料:今ならSSD無料アップグレードキャンペーンをしています。

なんと、無料で始めからSSD640GBが搭載されています。

このキャンペーンはものすごくお得です。

普通ならSSD640GBは2万円くらいするからです。

このキャンペーンが終わる前に、ぜひゲーミングパソコンを手に入れてください。

640GBもあれば、容量の大きいゲームが12本~30本ほど入ります。

モニタ選び

モニタを持ってない人はモニタも一緒に買いましょう。

この緑枠で囲った2種類がおすすめです。

安いほうは60hzで画面が動きます。

1秒間に60枚の画像がパラパラ動くと思ってください。

テレビ番組や映画は30hzで動いてるのでその2倍です。

高いほうは144Hzで動きます。

つまりテレビや映画の4倍以上滑らかに動きます。

プロを目指したり、FPSでトップスコアを取りたいなら144hzのモニタが欲しいですが、普通にプレイするぶんには60hzで十分です。

無線LAN子機

オンラインゲームで無線はおすすめしませんが、無線でやりたい人は無線子機も買いましょう。

ドスパラ以外でもAmazonや近所の家電量販店で2000円前後で売っています。

カスタマイズは4つ以内に収めよう

CPUグリス、電源、メモリ、SSD。

この4つ以外のカスタマイズはしないで良いです。

無駄に高くなりますので。

ここで情報の整理をしましょう

ポイント

まとめると・・・

  • ここで紹介しているPUBG推奨PCを買えばFPSなどのゲームでスコアが上がる。あなたは強くなる。
  • GTX1070ti搭載ゲーミングPCなら、今あるゲームはもちろん、3年4年先も遊べるほどの高スペックパソコン。VRゲームだってサクサク。
  • ドスパラなら「最新のパーツで組まれたゲーミングパソコン」が手に入る。
  • 中間業者を通さない「直接取引」なので割安で買える。
  • グラボはGTX1070tiが一番良い。予算が厳しいならGTX1060-6GBも良い。1050tiはVRに不安が残るし、最高画質で遊べないかもしれない。1080と1080tiは価格が高すぎる。
  • パソコン全体の素早さを求めるならCPUはi7。安さを求めるならi5。
  • メモリは16GBあるとマルチタスクでも重たくならない。
  • SSD640GBあれば、容量の大きいゲームが12本~30本インストールできる。ローディング時間も短くなる。
  • 月額680円を払えば、3年間は無料で修理してもらえる。たとえあなた自身の過失があっても、本来5~8万する修理代だって無料。
  • 月額680円で3年間無料修理の他、無制限のリモートサポートが受けられる。画面共有なので電話サポートより簡単。口下手でうまくしゃべれなくても大丈夫。
  • ドスパラオリジナルの「ゲーミングキーボード」と「ゲーミングマウス」もついてくる。

追記:今ならキャンペーン中で、SSD640GBに無料アップグレードしています。今のうちに買いましょう。

SSD640GBは2万円相当のパーツです。

それが今なら無料アップグレード中です。

このキャンペーンはいつ終わるかわかりませんので、今すぐチェックしてください。